介護福祉士の有効性

介護福祉士は、介護業界で三年の実務経験を経なければなれない比較的高度な資格である。この資格があるということは、介護について一通りの知識と経験を持っているのだとみなされることが多い。そのため、他の仕事に転職をすることが簡単になる場合がある。
例えば、自治体によっては介護福祉士の資格があれば、介護相談員に転職をすることができる場合がある。それぞれの自治体の条例によって介護相談員になる条件が決められてして、中には介護福祉士の資格のみが条件として提示されている県もあるのだ。そういった場所でなら仕事の選択肢も増えるので、広いフィールドで働いていくことができるだろう。
介護業界では、さらに介護の経験を積んでケアマネージャーを目指すのがセオリーとされているが、介護系以外の職種に目を向けてみてもいいかもしれない。
建築業界であれば、福祉住環境コーディネーターの資格を取得して、施設や住居の設計に携わることも可能だ。他の資格と組み合わせて使うことで、無限の可能性が生まれる点に着目すべきである。工夫次第で、いろいろな仕事へと繋がっていけるのだ。
とりあえずで介護業界に飛び込んだなら、まずはこの資格を習得できるように頑張るのがセオリーである。一度取得をすれば、その後もずっと使い続けられる資格なので、介護業界に入って三年以内に辞めてしまうのは非常にもったいない。今後はさらに新資格が整備されることが予想されているので、今のうちから資格取得に励んでおくと、後々仕事に困らなくなる可能性が高いだろう。

2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

アーカイブ

カテゴリー

人気記事

最近のコメント

    タグ